シミ対策の為『フォトフェイシャル』受けて来ました。

こんにちわ、悦子です。実はうちの次女と旦那は先週より2週間ほどカナダに旅行に行った為わたしとありちゃんはここ東京にて静かに暮らしています。しかし思ったよりもありちゃんと2人きりって言うのも悪くないものでして、むしろペースを乱されるのが嫌いな私にとってはむしろ旦那とか次女のスケジュールに合わせるのが結構ストレスだったりしていたのが分かりました。で、せっかくの機会なので自由な時間も出来たので、最近お肌の調子もくすみがちで今は化粧で隠しているけれども隠しきれなくなって来たシミをどうにかしたいと思い、いつも私が子供を連れて行く皮膚科で

フォトフェイシャル

をしてもらうことになりました。思えばずーっと昔6年前くらい前にシンガポールで働いていた時に同僚だった40代の方が頻繁にフォトフェイシャルやっていて、シミはあまり変わらないけどなんとなく肌のツヤとハリが出て綺麗になるからおすすめだよーと言っていたのですが、その頃は私も30代であまりお肌の悩みもなかったのでスルーしていました。しかし本当あまりにもシミが酷いのであまり効果は出なくてもレーザーだと仕事に行けないから嫌だと思い敷居の高くなさそうな一般皮膚科でやってもらうことにちなみに全顔はあまりに酷いのでブログにも載せれませんがこちら私のすっぴんです。

いかに私がメイクでいつも顔を塗っているかが分かります。まあもうすぐ45歳だからこんなに肌にシミがあっても仕方ありません。。。そして今回はこちらの

フォトフェイシャルM22(IPL/光治療)

を使って、施術してもらいました。これで光の波長を変えてシミをとってもらえるんだとか。ちなみに私は肌が黒いので黒い肌さん用の設定で今回やってもらいました。しかし、施術したら施術中なんかゴーグルみたいなのをつけるんだけど、光が当たる毎に赤い強烈な光でなんか焼けるような匂いもするし思ったより痛かったので、顔がどうなってしまうんだろうという恐怖はありましたが、皮膚科さん曰く、今回は

初回なので出力弱め

で設定してやっているそう。しかもあたしみたいに肌が黒いと効きが悪いそうです。。。。そう何を隠そう私はその昔松崎しげる並みに肌が黒く、今までの人生で海に行っても一度も皮がむけたことがないという驚異の黒肌。。そのおかげでシミが30代の頃はあまり目立たなかったけど、40代になったら流石に隠せなくなって来た。でも皮膚科さん曰く一回施術する毎にどんどんお肌が白くなるそうなので、次回は色白さん設定で出来るかもよーとのことでした。でも今回私が痛がったせいか施術もそれほど時間かからず、その後シートマスクで肌を2回ほどクールダウンした後今度は顔にあるいぼの治療をすることに、こちらは盛り上がったシミみたいなので、皮膚科さん曰く

脂漏性角化症

のもののようですが、要は年寄りいぼのことですが、液体窒素で治療か炭酸ガスレーザーによって焼き切るのが普通みたいです。今回は保険が効く液体窒素で焼き切ることにしました。こちらは先ほどのフォトフェイシャルに比べると痛くないのですが、でもちくっとしました。しかも完全に取り切るまでは何回か通わないとダメみたい。。。本当は炭酸ガスレーザーやりたいけど保険きかないので、地道に毎週通ってこちらは取ることになりました。しかし、多少お肌のつっぱり感はあるものの他の人のようにフォトフェイシャルした後に黒いかさぶたになる気配は一切なし

これは施術当日の夜の写真、若干肌が明るくなったもののほおのいぼの治療痕が若干目立つくらい

これは今日2日目の写真、っていうか液体窒素で治療した部分は黒くなっているものの全く変化なし。。。これに2万円近く払ったのが惜しい気がしました。これからは素直に美容皮膚科に行って、痛いしダウンタイムあるので今まとまった休みが取れない私には無理かもしれないけどおとなしく王道のレーザーでシミ治療していきたいなと思いました。

コメント