ADHD診断の為『メディケア虎ノ門』へ - 海外子育てブログ

ADHD診断の為『メディケア虎ノ門』へ

こんにちわ、悦子です。

気づけば、ここ2、3日前から暑いながらも東京にも涼しい風が

吹き始めてきました。本格的な秋のおとづれまであと少しという

ところでしょうか?

ところで、私の方はというと、子供が先週から両方とも学校に行

き始めたこともあり、今まで行けてなかった美容院、病院巡りを

しています。とりあえず今の所は皮膚科と眼科に行きました。実

はアレルギー体質の私、先日蚊に刺された所がとびひしまして、

なんと頭の頭皮が大変なことに、、、しかも塗り薬も塗れない

所なので、治りもすごい悪いです。。早く治って欲しい。

そして昨日は病院巡りの一環として日本に帰ったら絶対行こうと

思っていた

大人のADHD

を診断してくれる病院に行ってきました。

今回は私の家の近くのこちらの

メディケア虎ノ門

に診察に行ってきました。しかし診察にたどり着くまでは本当に

長い道のりでした。なぜかというと、そもそも日本には大人の

ADHDを見てくれるクリニックがあまりなく、こちらのクリニッ

クも御多分に洩れず同様で、初診の予約はとくに取りづらかった

です。

私は9月分の予約を取るのに8月に電話予約をしましたが、指定

日の土曜日の16時半から17時というたった30分の間に予約

を取らなければならず、私などドトールに籠ってただひたすら人

気アーティストのコンサートチケットを買うかのごとくに電話し

まくりましたが繋がったのは、ちょうど50回目のコール、予約

受付時間開始より20分経ってからのことでした。しかも予約日

はクリニック側で指定された日時のみでもしキャンセル出来ない

予定がその日にあったら診察すら出来ない感じでした。

しかも先生の診断日まで2種類のテスト(知能テストや記憶力テ

スト)をしなくてはならずそちらのテスト代だけで2万円しま

す。さらに診察当日はまた違う試験をするらしくそちらも実費1

万くらいかかります。どうやら大人のADHD診断は保険でカバー

されていない部分が多いようです。

さて、今回はその心理テストについてお話ししたいと思います。

こちらがメディケア虎ノ門ですが、中はとても綺麗で居心地が良

かったです。

ロビーも素敵な感じ。そして肝心のテストの方は1日目は知能テ

スト、2日目は記憶力テストがありました。1日目の知能テスト

は数字を最高8桁まで覚えてそれを言う問題やそれを逆から読む

問題、さらに数字とひらがなを組み合わせて例えば、4う8か6

たなどの組み合わせを最高8桁順に言う問題と逆から読む問題が

出ました。またパズルの見本を見せられてそれと同じようなパズ

ルを作ったり見本の図形と同じのを選ぶ問題などありました。1

日目のこの試験では、私はとくにパズルなどを組み合わせる力

や二つのことを同時に記憶することが苦手なことが分かりました

そして2日目のテストでは、心理士の方が読んだ物語を全部聞い

てその通りに読む問題やまた数字を覚えて言う問題、図形のパタ

ーンを記憶する問題、言葉の組み合わせ問題などが出ました。私

は特に物語を聞いて言う問題が苦手で、そのお話の中で出てきた

主人公がお金を盗まれてしまうと言う話を主人公がお金を盗んだ

と言うお話に勝手にすり替えてしまったりしていました。

そしてこの日の心理士さんによると、私はどうやら

耳から聴いて覚えるのが苦手

で、視覚から入った情報の方が記憶しやすいと言うことでした。

確かに私は今はi-phoneに自分のスケジュールを入れて管理して

ますが、結構日にち間違えて入れてたり、時間が30分くらいず

れて予約されていたりと、やはりミス続き。ちゃんと聞いてメモ

ったのにーと思ったのですが、なんだそう言うことだったのかと

今回新しい発見が出来てこのテスト受けて良かったなと心から思

いました。

次回はいよいよ診察ですが、万が一私がADHDでないと診断され

なくてもこのテストは自分にとって大変有意義なテストになった

と思いました。

メディケア虎ノ門

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-16-16虎ノ門一丁目MGビル3階・4階

TEL: 03-5510-3898

診察時間:月曜日~金曜日: 10:00~15:00、17:00~20:00
土曜日: 10:00~16:00

メディカルケア虎ノ門(港区虎ノ門)。職場のメンタルヘルスとうつ病や不安障害等で休職中の方に対する復職支援を専門に夜8時まで診療する精神科クリニックです。

Etsuko

海外生活かれこれ12年これまでフィリピン、中国、シンガポールに
在住していました。2016年8月よりカナダオンタリオ州オタワに
在住。現地情報及び現地の子育て事情、障害児子育て事情などを発信
していきます。

スポンサードリンク

関連記事

この記事をシェアする