珍しい病気〜骨盤内鬱滞症候群〜になりました - 海外子育てブログ

珍しい病気〜骨盤内鬱滞症候群〜になりました

こんにちわ、悦子です。さてさて今朝は東京の朝の気温は7度と

東京でも冬の訪れを感じるような天気となりました。極度の寒が

りの私には嫌な季節が到来しました。

さて、そんな私ですが約半年くらい前から足の付け根が痛く走っ

たりすると特に左側の足の付け根が痛く、その後びっこを引いて

しか歩けない状態が続いていました。実はこの症状が始まったの

は、カナダに住んでいたころでカナダでは医療システムの機能上

なかなか専門医の方に見てもらう機会がなかったので、カナダ在

住時はそれこそ理学療法士などにも通っていたのですが、症状が

改善するでもなくその後は一時運動を停止して、ずっとだましだ

まし生活をして来ました。しかし今年の8月に日本に帰国するこ

とが決まりこのまま一生走れなかったり、スポーツが出来なかっ

たりするのは絶対嫌だと思い近所の整形外科や街の婦人科や血液

内科などありとあらゆる病院を訪れたのですが、レントゲンとか

撮ってみてもやはり原因は分からずモヤモヤした気分でずっとい

ました。

しかし、今回慶應大学病院に通って今までのことがようやくスッ

キリしました

今回はこの病気の判別のためにMRIとCTを撮影したのですが、そ

の画像によると左側の卵巣を取り巻く血管の一部が膨張して形が

変形しているのが見て取れました。この病気はなんらかの原因に

より静脈血管がうまく機能しなくなり、血液がそこに溜まって血

管が膨張して変形してくるのだそうですが、そのことが原因で私

のように痛みを発症したりするんだそうです。

確かに画像を見てみると、左部分の血管だけ明らかに拡張してる

のがわかりました。ちなみに病名は

骨盤内鬱滞症候群

というそうで、日本ではあまり症例の少ないレアな病気だそうで

す。ちなみに私の先生も今まで診療して来て初めて見たと言って

ました。先生曰く学会レベルで発表するレベルなんだそう。ラッ

キーと言って良いのかどうか。ただし、普通の先生では知識があ

まりないので、本当は日本にも患者さんがもっといると思われる

のですが、ちゃんとした診断が下りてないのが現状なんだとか

とりあえず最初は漢方薬で

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

というお薬を飲んで、血行循環不良を直していくみたいです。ネ

ットで調べてみたら、この漢方薬シミにも聞くみたいです。そし

てどうやら冷え性にも効くらしい、、持論でしかありませんが、

思うに私の場合冬が長いオタワで数年過ごしたことで冷え性が悪

化し、発症したような気がします。

ちなみにこちらの病気、英語ではPelvic Congestion Syndrome

と言いますが、わりかし欧米では一般的な病気なようです。

ただし3ヶ月漢方薬飲んで治らなかったら、日帰りの手術でもも

からカテーテル刺して血管を潰す手術をするそうです。最悪手術

にならないようこれから少しづつ漢方飲んだり体を冷やさないよ

うにして過ごしていこうと思いました。

皆さんも、鼠蹊部の痛みを感じたらそれは股関節の痛みではなく

私と同じ病気の可能性もあるかもしれません。痛みは走ったり

して血流が良くなると痛みが増すので、もし同じような人がいた

ら紹介状を書いてもらってお医者さんに見てもらうことをお勧め

します。

骨盤内鬱滞症候群(Pelvic Congestion Syndrome)

海外の文献(の方が詳しかったです)

Pelvic congestion syndrome is a condition that causes chronic pelvic pain. It is thought to be caused by problems with the veins in the pelvic area. This is the...
Etsuko

海外生活かれこれ12年これまでフィリピン、中国、シンガポールに
在住していました。2016年8月よりカナダオンタリオ州オタワに
在住。現地情報及び現地の子育て事情、障害児子育て事情などを発信
していきます。