木目込み人形のお雛様を頂きました

こんにちわ、悦子です。最近は一時期より少し暖かくなって

きたような気がします。でも昨日は雨が降って今日もなんか

スッキリしない天気。でも仕事いかないとー。ところで話は

変りますが先週の日曜日は、久しぶりに叔母に会いに行って

きました。実は叔母がいとこの為に買った雛人形が家にずっ

とあって、うちには雛人形がないということを言うとご丁寧

にも雛人形を譲ってくださいました。そしてこちらが頂いた

雛人形

大きなものではなく親王(男雛、女雛)と三人官女がついた

コンパクトなものだけど、もう購入してから35年くらい経つ

そうです。普通の雛人形は人形嫌いの私にとっては顔が怖く

見えるのだけれども、これは

木目込み人形

と言うタイプの雛人形で詳しいことは分からないのですが、

桐糊(桐の粉と糊を混ぜたもの)を固めたボディに溝を掘り

そこに友善などの布地をヘラで入れ込んで着せつけていくお

人形で、もう300年くらいの歴史を持っている伝統人形だそ

うですが、顔が愛らしく穏やかな顔をしているので、私は頂

いてよかったなあと思いました。

しかし、私の写真の撮り方が悪いせいか、この穏やかで

優しい顔をしているお雛様の写真が上手く取れない。。。

うちの子供も飾ったばっかりの数日前は気持ち悪いとか言っ

て見向きもしませんでしたが、数日したら慣れたみたい。雛

人形の前でちゃんと写真を撮ってくれました。

空手帰りの格好でめちゃくちゃ格好悪いのですが、しかも

肘ついて雛人形様を見下すような写真ですが、まあ日本の

文化はこう言うのがありますと言うのが徐々に分かってくれ

ればいいかなと思いました。でもひな祭り過ぎたらさっさと

片付けないと娘が嫁に行けなくなる。。。って言うのが若干

不安です。

コメント