引越し業者が来ました!!

こんにちわ、悦子です。とうとう引越し業者が今週月曜日から我が家に来ています。うちは今回タイへのお引越しですが、家の収納スペースとかも広いからたった4年間しかこの家には住んでいなかったのにすごい荷物の量(ガラクタの量)洋服などもさることながら、子供達のぬいぐるみ、ちょっと欠けた&全然使ってない食器、家具など入れたら相当なゴミが家から出てきました。乾物などの食品の賞味期限とかもチェックしてみたけど、期限切れの食品の多い事と言ったら。。そしてここ4年間で溜め込んだビニール袋や紙袋の多さ。それを整理するのにも物凄い時間がかかりました。さらにありちゃんが先週コロナになり自宅にずっといる状況、私の旦那もコロナになって使い物にならなかったので片付けが大の苦手な私は途方に暮れてたら、ラッキーな事に

整理収納アドバイザーのお友達が引越しの準備を手伝いに来てくれた。

しかもその為にわざわざ有給まで取ってくれた。本当そのお友達には頭が上がりません、ありがとう。早速その子と一緒にいる、いらないボックスを作ってただひたすら分別。分別したいらないものはお友達の妹さんや妹さん家族にあげたり、さらにいらなくなった家具や食器は時間がないので二束三文で業者に売りつけました。ほんと家具とか食器とか枚数はあっても数千円でしか売れない。でも大きい家具を粗大ゴミに出さずに業者が手際良く持って行ってくれて数千円手に入ったので本当に助かりました。

お友達がスーツケースのパッキングも助けてくれた。。。さすが。しかもあり合わせのものでご飯も作ってくれました。

私一応女だけどこんな奥さんいたら嬉しい。。やっぱり私の発達障害の特性を外部に伝える事で助けてくれるお友達って出てくるのね。人間は一人では生きられないからお互い助け合って生きていけるんだという事を今回の事で痛切に感じました。いつまでもこの美しい友情関係が続きますように。そしてそしてもう一つ悲しい出来事が。。それは私と40年来のお友達のピアノくんとさようならした事。思えば海外にも一緒に旅したピアノくん、でも湿気のすごいタイはピアノくんには耐えられないだろうと断腸の思いで、

実家にピアノを送る

事にしました。なんと運送費だけで5万円近くかかったけど、やっぱり愛着あるから捨てられなかった。実家に送る前にはちゃんと調律してもらい4年後の再会を祈ってしばしのお別れ

だんだん殺風景になる我が家、しかも大量に購入したのに今って

海外に食料品船便で送れないらしい

結構ショックだったりして

こっちはキッチンの様子とりあえず当座使うものだけは残して全部パッキングしてもらった。全部家のパッキングが終わった後、一人で夜起きてたら悲しくなって涙が出てきた。だって本当に

何もない。。このテーブルも椅子とかも借り物だしこの植物もいずれお友達に引き渡すつもりだけど、もうテレビもソファーもないの。寂しいなあーでも片付けが上手じゃなくてつい溜め込んでしまう性格の私には4年毎にお引越しの生活の方があってるのかもしれません。いよいよ明日はパッキングした荷物の運び出しです。もう後タイに行くまで一週間、いよいよカウントダウン入ってきましたよ。

ありちゃんはコロナが良くなって夏休み入る前に2日間だけ学校に行きました。まだ身体が慣れてないようでここ2日間ずっと学校帰ってから昼寝しています。

そしてふとかわいい寝顔のありちゃんの手元を見る。そして気づいてしまった!!ありちゃんの手相、、、生命線が異様に短い。長生きできるかな?

コメント